衛星画像から作られた3D地図「AW3D全世界デジタル3D地図」

概要

AW3D全世界デジタル3D地図は、世界中の地形や地面の起伏、さらには地表の樹木や建物の高さを再現した3次元データです。実際のフィジカル空間に存在する地球をそのままサイバー空間の中でデジタル化することにより、他の様々なデジタルデータと連携することが可能となり、既存の作業手順の改善やビジネスの拡大はもとより、新たな価値やサービスの創出にもつながることが期待されます。
  
AW3DはRESTECと株式会社NTTデータの共同開発・販売製品です。3次元データは人口衛星が撮影した地表の画像を解析することにより得られますが、AW3Dでは独自の画像処理技術であるマルチビューステレオ処理を始め、AI、ビッグデータ、クラウドコンピューティングといった最新のIT技術を組み合わせることにより、地球のあらゆる場所の3次元データを短期間で製造し、提供することが可能です。今後の宇宙ビジネスの展開に伴い、利用できる衛星の数が増え、また搭載されるセンサー機能も向上することにより、さらに高品質な3次元データの提供が可能となります。
  
AW3Dは2014年に製品の提供を開始して以来、世界130国、1300プロジェクトで利用されています。その利用分野は地図整備、防災、資源開発、都市開発、インフラ整備と多岐にわたり、携帯電話の5Gや自動運転といった最先端の領域での利用も始まっています。AW3Dはこれからも進化を続けて、お客様の新しいビジネスの開拓に貢献します。

  • AW3D 標準版地形データ
    AW3D 標準版地形データ
    JAXA「ALOS」衛星の画像を用い、全世界の陸域を対象した2.5m/5m解像度の標高モデルを提供します。
  • AW3D 高精細版地形データ
    AW3D 高精細版地形データ
    世界最高の解像度を誇るMaxar   (旧DigitalGlobe)社の画像を用い、0.5m~2m解像度の高精細標高モデルを提供します。
  • AW3D オルソ画像
    AW3D オルソ画像
    Maxar(旧DigitalGlobe)社の衛星画像(30cm〜50cm解像度)等をAW3D標高モデルを使ってオルソ補正した画像です。
  • AW3D ビルディング3Dデータ
    AW3D ビルディング3Dデータ
    Maxar衛星画像から取得された建物の高さに、建物一棟一棟の形状を組み合わせたポリゴンデータを提供します。
  • AW3D テレコム3Dデータ
    AW3D テレコム3Dデータ
    建物・植生・高架データや土地利用図等で構成される、各種シミュレーションに最適な3Dデータセットです。
  •  AW3D 日本全国高精細3D地図
    AW3D 日本全国高精細3D地図
    1/2500相当の位置精度を持つ画像・地形・建物データで日本全国をカバーするデジタル3D地図データセットです。

お見積り・納品の流れ

付加価値サービスはお問合せ・ご注文・納品の3ステップでご購入いただけます。

お問い合わせ

サポート窓口までお問い合わせください。